2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

野菜ソムリエコミュニティかながわについて

野菜ソムリエコミュニティかながわは野菜ソムリエの資格をもったかながわ在住の仲間たち。

日本野菜ソムリエ協会公認の地域コミュニティです。
メンバーは主婦から八百屋さん、生産者さんまで、年齢も20代から70代までといろんな人たちが野菜・果物を中心に集まっています。

私たちは自ら畑や市場などに足を運んで、神奈川県産の野菜や果物のロコベジライフを愉しむと傍らその素晴らしさを皆さんに知っていただこうと講演やマスコミ出演など幅広い情報発信の活動を行っています。

2017年度より、活動テーマが新しくなりました!

■YSCかながわ 2020年度活動テーマ
「拡げる!広がる『+ベジ&ロコベジ』発信」

さらに、行動指針も作成しました。

■行動指針
・ロコベジという視点から、豊かなコミュニケーションを図りながら、楽しく学びます。
・栄養、健康にまつわる情報収集、発信においては、科学的根拠と事実を尊重します。
周囲のひとびとの野菜果物摂取量アップを目指し、積極的に情報発信に取り組みます。

2017年から取り組んでいる、神奈川県県民提案事業では、野菜果物の摂取が少ない生活者に向けて、

「+ベジ」
~とにかく、自分に合った最も手軽な手段で野菜を生活にプラスしてこう!~

発信をしています。「+ベジ」に、私たちコミュニティメンバーが愛する地元の農産物「ロコベジ」もコラボさせて、野菜果物の摂取量アップの活動を拡げていきたいと思います。

(ロコベジとは「ローカルベジ(タブル)&フル(ーツ)」の略称であり、地元産の野菜や果物すなわち神奈川県産の野菜や果物を意味する野菜ソムリエコミュニティかながわ独自の造語です。)

 

0308
神奈川県産  湘南ゴールド

 

**************2020年度のイベント予定スケジュール**************

※参加資格は野菜ソムリエコミュニティかながわメンバーです
※各イベントの詳細は、近づいたものからMLで流れますのでご確認ください

■6月
・6/7 野菜ソムリエコミュニティかながわ第13回定時総会(書面議決方式)
・6/14 リモート報告会

■7月
・7/6 たすベジプロジェクト リーダーミーティング

~今後の予定~
新型コロナウィルス感染症の状況を考慮しつつ、
・オンラインでできる活動
・屋外、少人数でできる活動
・サークル的な情報交換

から、進めていきたいと思います。

 

※あくまでも予定ですので、追加・変更の可能性があります。

 

 

食品ロス削減レシピ!とうもろこしと枝豆のパリパリチーズ

こんにちは。

蒸し暑い日が続きますね。
今日は野菜ソムリエプロ 安住裕美さんの「食品ロス削減レシピ」をご紹介します。

※今回も余り野菜を一掃でき、「たすベジ」にも役立つレシピですよ!

--------------------------------------------------------

旬のとうもろこし・枝豆を使った簡単レシピです。
お弁当に野菜が足りない時や、おつまみなどにどうぞ。
栄養たっぷりの枝豆を、まとめてパクッと食べられます。

とうもろこしと枝豆のパリパリチーズ

Photo_20200728220201

(材料 4人分)

枝豆(生か固ゆで)      100g(正味量)

とうもろこし (生)     1/3 (50g)

スライスチーズ        4枚

粗挽きこしょう      小さじ1

 

(作り方)

①枝豆はさやから外す。とうもろこしは包丁で粒をそぎ落とす。

②フライパンにスライスチーズを並べ、枝豆・とうもろこしを乗せて弱火で加熱。

③片面に焼き色がついたら取り出し、8等分に切り分けて粗挽きこしょうをかける。

 

<食品ロス削減ポイント>

枝豆・とうもろこし以外にも
夏野菜(ナス・ピーマン・オクラ・ズッキーニ・ミニトマトなど)
細かく切ってトッピングしても美味しく頂けます。

ミニトマトを追加するとピザの様になり、旨味がアップします。
いろんなバリエーションをお試し下さい。

冷蔵庫に常備していることが多いチーズと余り野菜を一緒に頂けます。

 

ポイント

・枝豆の薄皮が気になる方は剥いてから使いましょう。

・なかなか焦げ目がつかないときは少し中火にします。

・冷凍枝豆やとうもろこし缶などを使うと時間短縮になります。

・チーズは「とろけるチーズ」「ピザ用チーズ」でも代用頂けます。

 

写真/文:野菜ソムリエプロ 安住裕美

食品ロス削減レシピ! オクラとトマトの冷たいお吸い物

こんにちは。

今日は、野菜ソムリエプロ 宮地香子さんの「食品ロス削減レシピ」をご紹介します。
※簡単に野菜がプラスできる「たすベジレシピ」でもあります!

オクラとトマトの冷たいお吸い物

Photo_20200707171801

暑い時期にさっぱりと。彩りも鮮やかな冷たいお吸い物です。 

(材料  2人分)

白だし   大さじ2 
水      400cc
オクラ    4本以上~ お好みの量でOK!
トマト    1個
卵豆腐    1個

(作り方)

①オクラは板ずりをして産毛を取ったあと、
 水で洗い、ヘタを切り落として5㎜程度の輪切りにする。
 トマト、卵豆腐は1㎝程度のさいの目に切る。

②白だしと水を火にかけ、沸騰したら①を入れて火を止め、そのまま冷ます。

③粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成。

<食品ロス削減ポイント>

少しずつ残ってしまった野菜、涼しい季節ならお味噌汁やスープにする方も多いのではないでしょうか。
夏野菜も同じように、汁物にして冷たくして召し上がってみるのはいかがでしょう?

今回はオクラとトマトを使いましたが、キュウリやトウモロコシなど、好きな野菜を入れてみてください。
茹でたモロヘイヤや焼きナスの残りなども刻んでいれると美味しくいただけます。

文/写真 野菜ソムリエプロ 宮地香子

たすベジレシピコンテスト 準優勝レシピ「春キャベツとアサリのワイン蒸し」をご紹介!

たすベジレシピコンテスト2020 もう1つの準優勝レシピ「春キャベツとアサリのワイン蒸し」をご紹介します。

なんと、包丁もまな板も使わずレンジで4分で完成しますよ~!
副菜にもおつまみにも最適です。
2人前ですが、1人でもぺろっと食べられるそうです。

以下、野菜ソムリエプロ kayoko AbeさんのFacebookより転載させていただきました。

******************************

春キャベツとアサリのワイン蒸し

94278548_2987108671334899_22180259088564

【材料】
キャベツ 150g
あさり 100g
白ワイン(なければ水)大さじ2
▼ドレッシング
醤油、レモン果汁、オリーブ油 各大さじ1

【作り方】
①耐熱容器にちぎったキャベツをいれる。
(加熱後カサが減るので多めでもOK)
②あさりをのせて、白ワインを全体にかける。ふんわりラップをして電子レンジ600W4分加熱する。
→あさりの口が開いていればOK!
③ドレッシングの材料をまぜ、できあがりに添える。

ドレッシングは、お好みのものでも〜さっぱり系があいます。

******************************

«たすベジレシピコンテスト 準優勝レシピ「レンチン酢豚」をご紹介!