2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

たすベジ&ロコベジ

食品ロス削減レシピ!「人参と切干し大根のカレーきんぴら」

朝晩がぐっと涼しくなって秋めいてきましたね。

今日は「食品ロス削減レシピ」シリーズということで、
秋~冬に向けて旬をむかえる「人参」をたっぷりと使った簡単レシピをご紹介します。

*********************************
人参と切干し大根のカレーきんぴら
*********************************

Simg_3429

 

【材料】2人前
・人参       1本(約150g)
・切干し大根    30g(戻して100g程度)
・オリーブオイル  大さじ1
★調味料A
 みりん・しょうゆ 各大さじ1
 切干し大根戻し汁 大さじ3
 料理用カレー粉  小さじ1/2~
・トッピング用   小ネギ、炒りゴマ 少々

【作り方】
①切干し大根は水で戻し(汁は取っておく)、人参は千切りにする
②フライパンに油を入れて中火で熱して人参を炒め、
 しんなりしたら切干し大根をよく水気を絞って加える
③数分炒めて油が回ったら調味料Aを加える。水分がなくなったら出来上がり

【ポイント】
・カレー粉の量は好みで調整してください
・彩りに小ネギや炒りゴマなどをトッピングしてもOK
・乾物&冷凍人参を組み合わせると、野菜がないときも簡単な一品になります!

【冷凍人参の保存について】
人参が1袋に2~3本入っていて、使い残しがしなびてしまったことはありませんか?
余った人参は千切りにして(油少々をまぶし)
冷凍しておくとラクに使い切ることができてとっても便利です♪

<冷凍保存人参 1本分>

Simg_3518

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

文/写真 野菜ソムリエ上級プロ 高崎順子

食品ロス削減レシピ!「キャベツとアサリのワイン蒸し」

連日の猛暑のうえ、野菜の高騰のニュースも気になるところですよね。

そんなときは、せっかく購入した野菜ですから、
出来るだけ早く、そして簡単に、無駄なく使い切っていきたいものです。

今日は、丸ごと購入すると余ってしまいがちな「キャベツ」を
スッキリとおいしく使い切るコツをお伝えします。


副菜にもおつまみにも最適!
2人前ですが、1人でもぺろっと食べられるますよ♪

******************************

キャベツとアサリのワイン蒸し

94278548_2987108671334899_22180259088564

【材料】2人分
キャベツ 150g
あさり 100g
白ワイン(なければ水)大さじ2
▼ドレッシング
醤油、レモン果汁、オリーブ油 各大さじ1

【作り方】

1️⃣耐熱容器に食べやすい大きさに切った(又はちぎってもOK)キャベツを入れる。加熱後カサが減るので多めでもOK

2️⃣あさりをのせて、白ワインを全体にかける。ふんわりラップをして電子レンジ600W4分加熱する。

3️⃣ドレッシングの材料をまぜる。できあがりに添える。

 

Point!

・硬い部分は、食べやすく薄切りに。残りがちな芯も無駄なく使い切りましょう!
 キャベツの大きさ、硬さによって加熱時間は調整してください。

・ドレッシングは、お好みのもので。さっぱり系があいます。

・加熱は、あさりの口があいていればOKです。

******************************

レシピ作成/写真 野菜ソムリエプロ 安部加代子

 

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

 

 

 

食品ロス削減レシピ !電子レンジで簡単♪夏野菜のラタトゥイユ

こんにちは。

梅雨明けして暑さが厳しくなりましたね。
今日は「食品ロス削減レシピ」をご紹介します。

※今回も余り野菜を一掃でき、「たすベジ」にも役立つレシピですよ!

--------------------------------------------------------

夏野菜がたっぷり摂れる、火を使わない簡単レシピです。
パンにもご飯にも合いますし、肉や魚のソテー、オムレツなどに添えてどうぞ。
冷蔵庫で冷やしてもおいしくいただけます。

電子レンジで簡単!夏野菜のラタトゥイユ

V3

(材料 人分)

なす    1本(120g)
ズッキーニ 1/2本(100g)
ピーマン  1個(30g)
玉ねぎ   1/4個(50g)

トマトケチャップ 大さじ3
おろしにんにく(チューブ) 小さじ1/2
オリーブ油 大さじ1
ドライハーブ(バジル、オレガノ、ローズマリーなど) 少々
塩、こしょう 少々
フレッシュバジル(飾り用)

(作り方)

①なす、ズッキーニは半月切り、ピーマン、玉ねぎは2cm角に切って耐熱容器に入れる。

② ①にケチャップとおろしにんにくを混ぜ、ふんわりラップをして電子レンジ600w4分加熱。

③ ②にオリーブ油とドライハーブを入れて混ぜ、ラップなしで600w2分加熱して塩、こしょうで味を調える。


<食品ロス削減ポイント>

各野菜の分量は目安です。全体で300gくらいになるように
余り野菜をうまく活用しましょう。
きのこ、パプリカ、オクラなどもおいしくいただけます。
ベーコンやハムを加えるとコクと旨味がアップします。

おろしにんにくやハーブはなくてもできるので、気軽に作ってみて下さい。

★ポイント

・なすとズッキーニをメインにすると作りやすいです。

・器は大きめで深いものを使いましょう。

・器が熱くなるので、火傷に気をつけてください。

写真/文:野菜ソムリエプロ 山口桂子

 

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

 

食品ロス削減レシピ!とうもろこしと枝豆のパリパリチーズ

こんにちは。

蒸し暑い日が続きますね。
今日は野菜ソムリエプロ 安住裕美さんの「食品ロス削減レシピ」をご紹介します。

※今回も余り野菜を一掃でき、「たすベジ」にも役立つレシピですよ!

--------------------------------------------------------

旬のとうもろこし・枝豆を使った簡単レシピです。
お弁当に野菜が足りない時や、おつまみなどにどうぞ。
栄養たっぷりの枝豆を、まとめてパクッと食べられます。

とうもろこしと枝豆のパリパリチーズ

Photo_20200728220201

(材料 4人分)

枝豆(生か固ゆで)      100g(正味量)

とうもろこし (生)     1/3 (50g)

スライスチーズ        4枚

粗挽きこしょう      小さじ1

 

(作り方)

①枝豆はさやから外す。とうもろこしは包丁で粒をそぎ落とす。

②フライパンにスライスチーズを並べ、枝豆・とうもろこしを乗せて弱火で加熱。

③片面に焼き色がついたら取り出し、8等分に切り分けて粗挽きこしょうをかける。

 

<食品ロス削減ポイント>

枝豆・とうもろこし以外にも
夏野菜(ナス・ピーマン・オクラ・ズッキーニ・ミニトマトなど)
細かく切ってトッピングしても美味しく頂けます。

ミニトマトを追加するとピザの様になり、旨味がアップします。
いろんなバリエーションをお試し下さい。

冷蔵庫に常備していることが多いチーズと余り野菜を一緒に頂けます。

 

ポイント

・枝豆の薄皮が気になる方は剥いてから使いましょう。

・なかなか焦げ目がつかないときは少し中火にします。

・冷凍枝豆やとうもろこし缶などを使うと時間短縮になります。

・チーズは「とろけるチーズ」「ピザ用チーズ」でも代用頂けます。

写真/文:野菜ソムリエプロ 安住裕美

 

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

食品ロス削減レシピ! オクラとトマトの冷たいお吸い物

こんにちは。

今日は、野菜ソムリエプロ 宮地香子さんの「食品ロス削減レシピ」をご紹介します。
※簡単に野菜がプラスできる「たすベジレシピ」でもあります!

オクラとトマトの冷たいお吸い物

Photo_20200707171801

暑い時期にさっぱりと。彩りも鮮やかな冷たいお吸い物です。 

(材料  2人分)

白だし   大さじ2 
水      400cc
オクラ    4本以上~ お好みの量でOK!
トマト    1個
卵豆腐    1個

(作り方)

①オクラは板ずりをして産毛を取ったあと、
 水で洗い、ヘタを切り落として5㎜程度の輪切りにする。
 トマト、卵豆腐は1㎝程度のさいの目に切る。

②白だしと水を火にかけ、沸騰したら①を入れて火を止め、そのまま冷ます。

③粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成。

<食品ロス削減ポイント>

少しずつ残ってしまった野菜、涼しい季節ならお味噌汁やスープにする方も多いのではないでしょうか。
夏野菜も同じように、汁物にして冷たくして召し上がってみるのはいかがでしょう?

今回はオクラとトマトを使いましたが、キュウリやトウモロコシなど、好きな野菜を入れてみてください。
茹でたモロヘイヤや焼きナスの残りなども刻んでいれると美味しくいただけます。

文/写真 野菜ソムリエプロ 宮地香子

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

たすベジレシピコンテスト 準優勝レシピ「レンチン酢豚」をご紹介!

今日は、たすベジレシピコンテスト 準優勝レシピ「レンチン酢豚」を
ご紹介いたします。

おうちご飯が増える中で、手軽にボリュームがあるものを食べたいですし、
そして、野菜たっぷりだったらとても嬉しいですよね。

今回ご紹介する「レンチン酢豚」は、冷蔵庫の残り野菜も
簡単に加えることが出来ますので、
食品ロスの観点からもお役立ちレシピです。
買い置きできる市販の「ミートボール」で作れますよ~。

以下、野菜ソムリエプロ 根本早苗さんのFacebookより転載させていただきました。

***********************************
★超簡単!レンチン酢豚★

01_20200524131802
【材料】
照焼ミートボール(1袋)、ニンジン(30g)、
ピーマン(1個)、タマネギ(1/4個)、酢(小さじ1)

【作り方】
①ニンジン、ピーマンは乱切り、タマネギは薄切りする
②①を平皿にのせてラップし、電子レンジ600w 90秒加熱する
③ミートボールを小鉢にうつし、電子レンジ600w 40秒加熱する
④②、③、酢をまぜて完成

***********************************

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

たすベジレシピコンテスト優勝レシピ「厚揚げ豆腐のキャベチーズ」をご紹介!

たすベジレシピコンテスト2020の優勝レシピ「厚揚げ豆腐のキャベチーズ」をご紹介します。

野菜不足を手軽に解消できるアイテムとして「カットキャベツ」を
購入される方も多いのではないでしょうか?

こちらのレシピは、
厚揚げもカットキャベツも丸ごと使い切りで
しかも、とっても簡単にできますよ!

以下、野菜ソムリエプロ 浅井さやか さんの
Facebookより転載させていただきました。

******************************

★厚揚げ豆腐のキャベチーズ★

01_20200524131801

【材料】
厚揚げ:1袋
〈A 〉 カットキャベツ : 1袋(150g)
    ピザ用チーズ :大さじ3~4  
    鰹節 : 1袋

02_20200524132701

【作り方】

1. 厚揚げをオーブントースター又はフライパンで温める

2. 耐熱容器に〈A〉を全て入れてよく混ぜてからラップをかけて600Wで5分程度加熱、ラップを外してまた混ぜておく

3. 熱々の厚揚げの上に(2)を乗せる

*お好みで醤油やポン酢醤油、粗挽き胡椒
   七味唐辛子などをかけて食べてください。

厚揚げの香ばしさと鰹節を混ぜ込んだキャベチーズは醤油・ポン酢などの他、お好みソース・たこ焼き用ソースにも合います。
お好みの味付けでお楽しみいただけましたら幸いです!

******************************

野菜ソムリエコミュニティかながわでは、
「たすベジ公式LINE」にて、旬の野菜情報や野菜摂取術を配信しています。
ぜひ、友達追加してみて下さいね!

 友だち追加

 

 

発表!「たすベジレシピコンテスト2020」の受賞レシピ

年明けより、野菜ソムリエコミュニティかながわの内部企画として

「たすベジレシピコンテスト2020」を開催しました。

Photo_20200524182501

 

*************************
■たすベジレシピコンテストとは…

日本人は野菜摂取不足の状況が続いています。
野菜ソムリエコミュニティかながわでは、

「とにかく、自分に合った最も手軽な手段で
野菜を生活にプラスしてこう!」

という「たすベジ」発信を続けています。

そこで、今回は野菜が摂りづらい方にも
簡単に野菜不足が解消できるようなレシピ提案を募集しました。
※レシピ条件
・1レシピで一人当たり70グラム以上の野菜を摂取できるもの。
・材料/作り方を明記。
・野菜不足の方が「やってみようかな!」と思えるような
 簡単なレシピが望ましい。
・書き方は自由
・仕上がり写真が1枚必要(ファイル容量1MB未満)
*************************

さて、結果発表です!!

1位 厚揚げ豆腐のキャベチーズ 野菜ソムリエプロ 浅井さやかさん

01_20200524131801
2位 レンチン酢豚 野菜ソムリエプロ 根本早苗さん

01_20200524131802
2位 春キャベツとアサリのワイン蒸し 野菜ソムリエプロ Kayoko Abeさん
(※2位は同点でお二人です)

94278548_2987108671334899_22180259088564

どれも手軽にできる&野菜がたっぷり(1人70g以上)の優れたレシピです!
次投稿にて紹介させて頂きますね。

難しい今の時期、「おうちごはんが増える」とはいっても、
みんなが「料理に時間が使える」ということでもなく、
色々な状況の中で、毎日の食を回していかなくてはなりません。
買い物の量やタイミング、場所などにも気を遣われていることと思います。

そんな中で
「自分に合った最も手軽な手段で野菜を生活にプラスしてこう」
というコンセプトはとても大切だと考えているので、
今後も発信を続けていきたいと思います。

レシピ投稿頂いた皆さん、興味を持って企画を応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございました。
入賞者の皆さんには、ちょっとしたロコベジ商品を送付させていただきました

写真/文責 高崎順子

横浜国立大学 × たすベジプロジェクト 野菜メニュー提供をしてきました!

横浜国立大学にて、
地域連携推進を学ぶ学生の皆さんのシンポジウムが有り、
懇親会での野菜メニューを担当させて頂きました。

以前、私たちの「たすベジプロジェクト」がスタートした際にも、
セミナーに多くの学生の皆さんにご来場いただき、
そのときから3年になります。

「たすベジプロジェクト」では、
「若者の野菜摂取量アップ」も大きな目標にしているので、
プロジェクトメンバーと共に、楽しく行って参りました!

学生の方が立ち上げた「アグリッジプロジェクト」のメンバーの皆さんが
育てた野菜を、朝採りして料理に使うという、
なんとも魅力的な企画です。

到着すると、ピチピチの野菜が準備されていました。

Img_2242Img_2238

 

Img_2239Img_2241

こちらを使って、
・パワーサラダ(1日に足りない!70g盛り合わせ)
・学生でもすぐできる!入れるだけポトフ
・ブロッコリーのベーコン炒め

を作成。

Img_e2253Img_2161Img_e2172

80名分作成しましたが、あっという間に無くなり、
大好評でしたので、野菜ソムリエ冥利につきます。

お声がけ頂いた、アグリッジプロジェクト(元)代表の山口君、
急なイベントに集結してくれたメンバーの山口桂子さん、クラハシさん、
本当にありがとうございました。

Img_2256

今後も、様々な機会で神奈川農業の応援と野菜摂取量アップについて
関わっていけると幸いです。

 

写真/文責 高崎順子

クリナップ横浜 × たすベジプロジェクト企画 スタートしました

今年度の「たすベジプロジェクト」メンバーの目標の一つが、
「たすベジ」を広める場を広げていくこと。

この度、様々な方のご協力を得て、

クリナップ・キッチンタウン・横浜 様

にて、「たすベジミニセミナー」をシリーズ開催することとなりました。

Img_e1957

 

横浜野菜の魅力と、
生活に最も自分に合った方法で野菜を足していく「たすベジ(足すベジタブル)」を
メンバーと共に発信していきます。

第一弾のテーマ野菜は「ブロッコリー」。

Img_2239

横浜でも秋冬にたくさん収穫される野菜の一つ。
また、鮮度劣化が早いので、「地元のとりたてブロッコリー」はとても魅力的なのです。

たすベジプロジェクトでは、「簡単に」「おいしく」召し上がって頂くことを
ご提案しているので、

今回のメインは「ブロッコリーの蒸し炒め」。

Img_1826


チーズフォンデュソースをつけていただきます。

Img_e2072

また、寒い時期なので「ブロッコリーの甘酒ポタージュ」も
おつけしました。

Img_e2074

・横浜でもブロッコリーが収穫できること
・ブロッコリーの栄養価
・ブロッコリーの調理ポイント

などを、来場者の皆さんにご説明しつつ、
試食を召し上がっていただきました。

ショールームのシステムキッチンが初めてだったメンバーも
(最新設備なので、覚えるのに少し時間がかかるのです…笑)
すぐに使い慣れて、キッチンの説明ができるようになりました。

Img_2063

クリナップ・キッチンタウン・横浜は、
新しくシステムキッチンを購入予定の生活者の皆さんが訪れる場所です。

Img_2069

新しいキッチン→豊かな食生活→その中心はぜひ、地元野菜で!
という熱い思いをもって、

これからも「神奈川野菜の魅力」と「野菜摂取量アップ」を伝えていきたいと思います。

Img_2078

写真・文責 高崎順子